美容室と育毛シャンプーで出来るヘアケア・抜け毛の原因と予防

美容室

biyoushitu

髪を綺麗に整える施設として、「理容室」と「美容室」が挙げられます。
両者はどちらも頭髪に対しるサービスの提供を主流としています。その為混同される事も多いですが、実際の業務目的は明らかに異なります。
「理容室は男性、美容室は女性が利用するもの」といった認識をしている人もいますが、これは正確ではありません。

理容室と美容室の業務の相違は法律によって明確に定められています。
理容は毛髪のカットや刈込み・シェービングなどを主流に行います。またそれらに関する施術で、見た目を整えていく事を業務目的と位置付けられています。
これに対し美容とはメイクやスタイリング・パーマを施し、見た目をさらに美しくしていく事を業務目的とされています。
カットサービスは元々、理容室から始まったサービスだったのです。

理容室と美容室の業務内容は、それぞれ「理容師法」「美容師法」で定められています。

サービス

service

美容室は美容院、或いはヘアサロンと呼ばれる事もあります。
最近では、男性客を対象にサービスを充実させる美容室も増えてきています。

しかし美容師法により、美容室での男性客に対するシェービングが禁止されているなど、業務範囲が限られている場合があります。
また美容室では、男性客に対しパーマやそれに付随するカットを施す事は許可されているが、カットのみの施術は認められていません。
これは厚生省から出されている決まりです。ちなみに理容室では男女問わず、シェービングを受けることが出来ます。

細かく指定されているように見えますが、消費者のニーズに合わせサービスの内容も幅広くなっています。

施術

sejyutu

美容室では主流となっている施術メニューがあります。
オプションやプランなどは各美容室によって異なりますが、サービス内容は大まかに分類する事が出来ます。

ほとんどの美容室で中心となる施術がカットです。
髪質や癖、全体の雰囲気とのバランスを考慮してカットする必要がある為、美容師の技術が問われます。

そしてカラーやパーマも主流の施術と言えます。カラーでは頭髪の色を染めたり、脱色を行います。
色によってその人らしさを演出したり、印象を大きく変える事が可能ですが、髪へのダメージを考慮した施術が求められます。
パーマにはウェーブをかけるタイプ、ストレートに矯正するタイプがあります。
最近では、長く形状維持が出来るデジタルパーマが人気を集めています。

施術前後では、シャンプー・トリートメントといったサービスを提供する美容室も数多くあります。
店舗によって重点の置き方は異なりますが、髪のダメージを軽減し仕上がりを長持ちさせる効果が期待出来ます。

NEWS

2013/10/15
ヘアケアを更新
2013/10/15
異常を更新
2014/01/24
AGAを更新
2014/02/06
薄毛を更新